第6回 母と娘のための月経教室

本日、母と娘のための月経教室でした。

幼稚園からの仲良しの皆さんのご参加です。

とっても元気よくお部屋に入室してきた女の子達。

 

月経教室という事ですが

月経だけに重視せず、毎回大切なお話から始めていきます。

うちの娘は3年生なのですが、

1つ上の4年生の女の子達とお話をしてみるとちょっぴりお姉さん。

いのちの事、体の事、心の事、ぎっしりな内容も

しっかりと聴いてくれました。

学校でのお話も聞かせてくれましたね。

お母様達も緊張もなく、

沢山あんなこと、こんな事をお話をしてくれて

皆を笑顔にしてくれました。

 

4年生というと保健の授業で体の事を学んだばかりの時期に

大切なお話を届けられて嬉しく思います。

一昨日に学んだばかりというではないですか(∩_∩)

体験した事のない事は、どうなるのかな?と不安になる事も

自然な事でしょう。

今日、ご参加したことでお母様とお嬢さんでご家庭でも

いのちの事、性の事、近い未来のお話しをできる機会が

増えたらよいですね。

女の子達の感想を読み、

そのままの気持ちで未来に進んで行けますようにと

願っています。

ご参加ありがとうございます。

ココカラいま・みらいでもお母様、お嬢様達の気持ちに寄り添いながら

伝えていきたいと思います。

 

どう伝えていいかわからなっくて~

という方はぜひ「母と娘のための月経教室」お勧めします♪

一緒に聞くことで、ご家庭での対話のヒントが見つかるかもしれません。

 

【お母様の感想 一部紹介】

 

・月経の事をこうやって良い事、ポジティブに教えてあげればいいんだなと

 学べました。

 改めて性やいのちの大切さを再確認できました。

 

・日々めまぐるしく過ぎていく中、こういった時間が持てた事に感謝します。

 

・なかなか詳しく話す機会がなかった!?

 つくらなかったから、そういう機会が持ててよかったです。

 これを機にもっと話せそうです。

 

【女の子の感想 一部紹介】

・私が砂より小さい時から、こんなに大きくなることを、

 初めて知りました。

 今日習った物、すべてを大切にしていきたいです。

・自分たちは奇跡の命で生きているんだという事

・初潮を迎えたら、自分は赤ちゃんを産むじゅんびが始まったと思う気持ち

 (大切にしてきたい事)

 

【女の子たちが受講後 心に残った事】

・学校で習ったときに少しわからなくて、でも、もう一度きいてみたら

 分からない所が分かったから、月経がこわくなくなった。

・月経は血がたくさんでてくるのかと思っていて、こわかったけど

 お母さんやせきさんの話を聞いて怖くなくなった。

・学校では少ししか習わなかったので、話を詳しく聞けて良く分かったし

 月経の怖さがなくなりました。

・月経は大人になった証拠!!

 

学校でも教えてくれますね♪

きっとこれからも大切な事としてお話が聞けると思っています。

例え声に出さなかったとしても、胸の中にはしっかりと自分の気持ちがある

という事を感じました。

書くことで、気持ちを表せる時もありますね。

心に残る言葉をありがとう!

みんな、またあいましょう!

声をかけてくださいね~!