H27 6.7 母と娘のための月経教室

 

今日の午後は、越谷市内で「母と娘のための月経教室」でした。

講座前

「運動会、終わったよ~」

「お昼食べたよ~」

と、元気にお話をしてくれる女の子達。

3~5年生の女の子たちのご参加です。

越谷生活クラブさん主催のいのちのお話を聞いていた子も多く

Oh!!いのち博士ちゃん。


今日は、いのちのはなし、DVD鑑賞、心と身体の変化について

学びました。

学ぶといっても、ずっ~と真面目に数時間を過ごすことではなく、

女の子たちに問いかけながら、笑いあいながら、進みます。

真剣に話を聞いている眼差しを、

何度も何度も私が見つめてしまうほどでした。


お母様達もお嬢さんにどんな風に「月経」の事を伝えようかと真剣です。

赤ちゃんはどうやって生まれてくるの?

こういった質問にもなかなか。。う~ん。。

難しいよね~で終わる事が多いとよくお聞きする言葉。

教えてもらわなかったかもしれない

いい言葉が見つからない

どうやって言い出したらいいかわからない

等々は、自然なことかと思います。私たちは教わったのかな??

(実は私もなんと伝えていいか分からずに娘3?4?歳の時に、コウノトリの話をした母なのですσ(´~`*))

今日は講座の中に普段から取り入れられそうな言葉を

沢山散りばめました。

お嬢さんが身体の変化に疑問を持つ時期が来たとしたら、

相談できる人が身近にいたら心強いのではないでしょうか。


受講後お嬢さんから次から次へと疑問が沸き上がり、対話ができますように

今日の講座が少しでもお役に立てたら嬉しいです。


■お嬢様 感想一部■

ずっと子どもがほしくないと思ったけど、

生んでもいいかなと思いました。


いのちを大切にしたい


自分を大切にしたい


自分の体を大切にしたい


月経はいいことだとおもった


自分のからだを大切にまもりたい


今の自分にできる事はなんだろう?の質問には

早寝早起き朝ごはん、たいちょうかんり、

等書いてくれた子もいました。

学校でも言っていますね~!!


■お母様 一部感想■


今までは、マイナスなイメージでしたが、

今回のお話を聞いて、嬉しい事、おめでとう!だとわかり

うまく子供に伝えられたら良いです。


私が子供の頃にあせってしまったので安心して娘と話せそうです。


女性に生まれたすばらしさを積極的に伝えたいと思いました。


子供の年齢に合わせて、分かりやすく伝えることの大切さが分かりました。


親が構えすぎずにもっと気軽に話していたら、子供にもすっと入っていくのかなと思いました。



素敵なお部屋で、和やかに過ごせた事

Fさんをはじめ、ご協力いただきました皆様のおかげです。

ありがとうございました!感謝しております。

またお嬢さん、お母さまにお会いしたいです♪

 

あれからどうでした?こうでした!報告もお待ちしています。

お気軽にメールくださいね♪